class="post-template-default single single-post postid-33860 single-format-standard">

不成就日は気にしない?財布や宝くじを買ってしまったらどうなる?

不成就日は気にしない?財布や宝くじを買ってしまったらどうなる?
お金に関わる財布を買う時や、宝くじを買う時、どうせならと縁起を担いで吉日を選ぶ人も少なくないですよね。

吉日を考える際には、凶日を避ける考えもありますが、よく知られる凶日として、不成就日があります。

不成就日は一粒万倍日と同じ撰日と呼ばれる暦注の一つ。

とりあえず、不成就日を避けるという人が多いのですが、間違えて不成就日に財布を買ってしまったら、どうすればいいのでしょう?

また、不成就日に宝くじを買うとどうなるのでしょう?

【人気】ゲッターズ飯田の財布の使いはじめをチェック♪

>>2024年版!新しい財布をおろす日!買ってはいけない日!ゲッターズ飯田!

 

不成就日に財布や宝くじを買ってしまったらどうなる?

引用:https://www.photo-ac.com/

不成就日に財布や宝くじを買ってしまったら・・・

まぁ、所詮はゲン担ぎなので、気にすることはないと言いたいところですが、気にする日とは気にするもの。

不成就日に財布や宝くじを買ってしまった時の対応などをご紹介します。

不成就日に財布を買ってしまったら

財布を吉日に買うという人も多いでしょう。

ですが、財布のゲンを担ぐなら、重要なのは、財布を買う日よりも、財布を使い始める日。

不成就日に買った財布をすぐに使うのではなく、しばらく財布を寝かせて、吉日を選んで使い始めるといいでしょう。

財布をしっかり寝かせて、エネルギーを貯めておけば、不成就日に買ったことなんて関係ないような、縁起のいい財布になるでしょう。

不成就日に宝くじを買ってしまったら

不成就日に宝くじを買ってしまったら・・・

まぁ、買ってしまったものは、どうしようもないですよね。当選発表を楽しみに待ちましょう。

なんていうと、それで当たらなかったらどうするんだと言われそうですね。

いや、宝くじなんて、吉日に買ったとしても、早々当たるものではないですよ。

気になるなら、購入した宝くじをもって、神社にでもお参りしてみてはいかがでしょう?

多少は気休めになるのではないでしょうか?

でも、宝くじっていうのは、日の吉凶よりも、直感が大事だと言われます。

あなたが不成就日に気が付かなかったとしても、その日に宝くじを買ったのは、何らかの直感があったからではないでしょうか?

それなら、不成就日を気にするよりも、自分の直感を信じてみてはいかがでしょう?

 

不成就日は気にしなくてもいい?不成就日どうすればいい?

引用:https://www.photo-ac.com/

凶日として知られる不成就日。

世間では、あまり気にしていないようにも見えますが、実際、気にしなくていいものなのでしょうか?

そもそも、不成就日って、どうすればいいのでしょう?

不成就日はどうすればいい?

不成就日は、その名の通り、「何も成就しない日」とされています。

なので、不成就日には、身を慎んで、出過ぎたことはしない方がいいとされます。

特に、結婚や入籍などの婚姻ごと、子供の命名、願い事、引っ越し、契約ごとなど、新しく何かを始めることは避けた方がいいとされます。

不成就日は気にしなくていい?

私事になるのですが、不成就日は特に気にしなくていいのではないかと思われます。

その理由を、上げていきます。

みんな気にしていない

不成就日は、凶日として知られていますが、そもそも一般的に知られるものではありません。

現代人の多くが、不成就日を気にすることなく生活していて、特に問題はありませんよね。

知識は、自分が有利になるように使うもの。でも、不成就日を知っていることで、行動が制限されてしまっては意味がありませんよね。

不成就日なんて、気にしなくていいんですよ。

占いは背中を押すために使うべき

基本的に、占いは、自分の行動の背中を押すために使われるものだと考えています。

それなのに、行動を制限する凶日は、生活に取り入れるべきでしょうか?

最初から、凶日なんて役に立たないもの、考慮するべきではないと思われます。

そもそも暦注って・・・

そもそも暦注って、何故作られたと思います?

江戸時代の暦は、お上が毎年作っては出版していました。

この暦、生活必需品なので、民間からも発行されます。

民間で売る場合は、お上が発効しているそのままでは、簡単には売れませんよね。

そこで、付加価値として、暦注を付けるようになりました。

この暦注も、適当にそれっぽい謂れを作っているようで、あまり当てになるものではありません。

この暦注は、それっぽくでっち上げられては、暦に追加されていきました。

暦を売る際に、暦注を付けて付加価値を上げていましたが、新しい暦注が作られれば、他の暦売りもそれを真似してしまいます。

とにかく、新しい暦注を作っては、すぐに他の暦売りが、自分の暦に追加していき、新しい暦注を考えるという、状況が続き、暦の暦注は、ものすごい数が考案されました。

このようにして、作られた暦注なので、あまり真に受けてしまうのもばかばかしいですよね。

まとめ

不成就日に財布や宝くじを買ってしまった時の対処法などをご紹介しました。

基本的に、不成就日は気にしなくてもいいようなものですが、気になる人は気になりますよね。

財布は、買った日よりも、使い初めの日の方が重要です。財布を寝かせて吉日から使い始めましょう。

宝くじは、神社にお参りするなどすれば、気分的に楽になるでしょう。

スポンサーリンク

FacebookTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です